簡単にきれいな歌声を出す発声方法

      2017/08/12

スポンサードリンク

どうも。

歌い手&ブロガーのきじりです。

 

今回は発声方法について書いていきます。

 

ちなみに俺はこんな声で歌います。

 

 

いかがでしたか?

上の動画ではヘッドボイスやファルセットで歌っていましたが、これから説明する発声方法は、地声(チェストボイス)でも使えるので安心してくださいw。

では早速行きましょう!

 

きれいな声を出すための簡単な発声方法

どの歌い方にも共通する基礎

 

まずはウォーミングアップをしましょう。

ウォーミングアップがすんだら、深くため息をついてみます

 

あ、幸せが逃げちゃうので安堵のため息にしてくださいね?

 

ため息をつくときは声も出してください

そしてできるだけ口を縦に開いてください

 

これだけできれいな声が出るはずです。

 

もしまだ出ないようであれば、腹式呼吸で息を吐きながら声を出すことを意識してください。

このときに「できるだけ息を長くもたせよう」などと考えずにとにかく息を吐いて声を出してみてください。

 

それぞれの歌い方への応用方法

 

さっきの基礎の発声方法では地声の息漏れ声が出せます。

ここからチェストボイス(芯のある地声)を出すためには声帯を閉じます

俺の経験としては、喉の奥の方を意識するといい感じに声帯を閉じることができます。

 

ファルセットは、裏声で基礎の発声方法をやれば出ます

 

ヘッドボイスは、ファルセットから少し声帯を閉じます

 

ミドルボイス(ミックスボイス)についてはチェストボイスから、声帯を閉じたまま裏声に持っていきます。

 

以上のように、基礎となる発声方法を身につければ、あとは「声帯の開閉」「裏声にするかどうか」だけで声を変えることができます。

まとめ

 

発声方法についてはこれだけです。

これだけを意識すればきれいな声が出ると思います。

仮にすぐに良い声が出なくても、継続していきましょう!

継続して練習することができれば、いつの間にかきれいな声になっているはずです。

 

少しでも多くの人が、自分の声に自信を持って楽しく歌えるようになれたら幸いです。

スポンサードリンク

 -