歌うときに今まで出なかった高音を出す方法をまとめてみた

      2017/08/12

スポンサードリンク

どうも。

歌い手&ブロガーのきじりです。

今回は「高音の出し方」です。

 

高音の出し方まとめ

 

裏声で歌う

高い声を出そうとすると、(ミックスボイスを含め)裏声を使うことは避けられません。

でも、普通は地声ばっかり使うはずなので裏声を出すときの筋肉はどんどん衰えてきます。

この筋肉を鍛えることで高音が出しやすくなります。

なので裏声で歌う機会を作りましょう。

 

背伸びをする

これは気づいたらやっていたことなんですが、背伸びをすると高音が出やすくなります。

メカニズムはよくわかりませんが、↓こちらの本にも書かれてたので間違いないです。

 

 

ずっと背伸びしながら歌うのはさすがにキツイので、その曲の最高音のところだけ背伸びして歌ってみてはいかがでしょうか?

 

鼻からも声を出すように歌う

これも経験的に見出したんですが、鼻からも声を出すように歌うと、今まで出なかった高い音が出るようになります。

イメージとしては鼻の穴を声で震わせる感じですね。

これを意識すると同時に、口を上下方向と後ろ上方に広げると高音が出やすくなります。

 

ただし、あまり意識しすぎる(筋肉に力を入れすぎる)と逆効果なので注意してください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

自分自身、まだまだ高音の出し方を模索しているので、良さそうな方法を見つけ次第追加しようと思います。

では。

スポンサードリンク

 -