社会人1年目で音楽に60万円投資したきじりのお金の使い方。「貯金はしない」

      2017/09/01

スポンサードリンク

きじりは音楽が大好きです。

音楽のためならいくらでもお金をかけます。

タイトルにもあるように、2016年はおよそ60万円つぎこんでます。

ちなみにまだ新卒で就職して1年目です。

そんなきじりのお金の使い方を公開します。

毎月の出費一覧(2016年1月時点)

ざっくりとした必要最低限の出費一覧です。(食費は除く)

家賃(社宅)15,000
社会保険料、所得税等30,000
保険10,000
ガス約4,000
水道約2,000
電気約4,000
通信費4,000
note350

合計69,350円

以上が大まかな出費です。
食費については計算していません。(←面倒くさい)

多分食費は3万円くらいです。
(一時期は月1万円を切ってました。それについてはこの記事で詳しく述べてます。)

サラリーマンの初任給なので、20万円で計算します。
ここから引いた残りは約10万円

他の出費については・・・

出掛けたついでにゲーセン行ったりします。1日1,000円も使わないですが。(←体がもたないw)

名古屋に行くのは大体往復で1,000~1,500
なので、ゲーセンと合わせて最大でも月10,000。

それでも9万円残ります。

1年間で108万円貯まります(上記以外で何にも出費がない場合)

なので、音楽に60万円も投資できたのです。

2016年に買った主なもの(音楽)

・電子ピアノ21万円
・防音室24万円
・音楽用パソコン10万円
・マイク3万円
・DAW2万円

計60万円ですね。
これだけ買い物しても家計的に余裕なのは、おそらく家賃が格安なのが一番の要因だと考えてます。

仮に家賃が6万円なら、年間で貯まるお金が半減して54万円になります。家賃補助さまさまです。

 

貯金?・・・解せぬ

さて、現状でとりあえず宅録できる環境が整ったので、また音楽に60万円つぎ込むとは考えにくいです。

じゃぁ貯金するの?って思う人もいるかもしれませんが、きじりには貯金という選択肢はありません。

まぁ、ざっくりと家計簿をつけている以上、預金残高がある額(例えば20万円とか)を下回らないようにはしてます。

でも、それくらいです。

それ以外はできるだけ使うようにしてます。

 

貯金をしない理由

まず、お金が存在価値を発揮するときっていつでしょうか?

それは、お金を使うときです。

使わなければ意味がないのです。

使ってなんぼなのです。

わざわざ生活費を切り詰めてお金を貯めたって、もしもの時に使うとは思えない。

お金を貯めることしか考えられないなら、貯まったお金が使われることはまずない。

そうやって、せっかく貯めたお金は本人が使うことなく、税金分差し引かれた額が相続されるのです。

相続となれば、問題が起こることも考えられます。

さて、あなたは何のためにお金を稼ぐのでしょうか?

きじりの稼ぐ理由は以下の通りです。

①生活するため

②やりたいことをやるため

③やりたいことをやってる人、やろうとしている人のため

今後の具体的な使い方

実は最近こちらの記事を読んで、人にプレゼントを贈りたくて仕方ないのです。

何故かって? そりゃ楽しいからです。

欲しいものをプレゼントとして贈ると、受け取った人はまず間違いなく喜んでくれます。

その喜んでる様子を、Twitterなりブログなりで見ると、こちらもものすごく嬉しくなります。

この感覚はハマりますw。

何かと理由をつけて贈りたいです。

数千円で喜んでくれたら安いものです。

きじりにプレゼントを贈って欲しいかたは、Amazon欲しいものリスト、誕生日、その他記念日を公開してください。

絶対に贈る・・・というのは保証できませんが、欲しいものリストを見つけたら少なくとも年1回は贈る・・かも?

お金とは、川を流れる水のようなもの

川を流れる水は海に辿り着き、やがて蒸発して雲を作り、雨を降らしてまた川の水になります。

お金は循環するものです。

お金を使うとは、自分という川を流れる水が、市場という海に辿り着くようなものです。

お金を貯めるというのは、川の途中にダムを作ってせき止めるようなものです。

わざわざせき止めなくても、そこに自然と川ができたのなら、雨が降る事で川の水が途絶えることはありません。

思い切って使ってみるのはいかがでしょうか?

川の幅が広がるかもしれませんよ?

スポンサードリンク

 - お金