自分の意見が持てない、メンタルもボロボロ。それでもブログは続けたい。

The following two tabs change content below.
ひじり颯人

ひじり颯人

カウンターテナー(男性アルト)。 会社員として働く自分に違和感を感じ、1年3ヵ月で脱サラ。 以後、音楽で生きていくため自己研鑽に励む。 現在はおもに歌ってみた動画投稿準備や電子書籍執筆に時間を費やす。

ひじりです。

今回は自分の弱さをさらけ出します。

 

人と関わることを避けてた

 

思考が止まることがある

 

僕は、4歳まで一切しゃべりませんでした。

医者から「失語症の疑いがある」と言われたほどです。

この時から既に人と関わりたくなかったんですかね?

 

でも、4歳になってからは少しづつしゃべるようになったみたいです。

まぁ色々あって、結局また無口になってしまったんですけど・・・。

 

誤解を恐れず言うなら、幼いころに自分の行動を親から否定されました。

 

それからというもの、極力自分の意見を殺し、自分からは人と関わらないようにしてきました。

自分の意見を言わなくなった僕は、いつしか意見を持たなくなりました。

 

そのせいか、自分が無意識に発した言葉に対してつっこまれると、

何も言葉を返せなくなることがたまにあります。

 

行動にしても同じです。

 

ただ自分がやりたいと思った。

 

それを実行して、誰かに否定的なことを言われる。

 

自分には、何故そのようなことを言うのかが理解できず、自分の意見も言えないまま思考が止まり、その場に立ち尽くす。

 

ここまで来ると自力での復帰は困難になります。

 

それだけ僕のメンタルはボロボロなんです。

 

このような状況を避けるために、僕は人と関わることを避けるようになりました。

 

ですが、こうして僕はブログをやってます。

一切人と関わらない人生も、それはそれでつまらないと思いましてね。

 

1人で好きなことやっていたい寂しがり屋なんです。

 

もう一度、あの頃の自分に戻りたくて

 

ブログをやるということは、自分の意見や情報を発信するということです。

つまり、それまでの自分が避けてたことをやっているわけです。

 

発信し続けて、より多くの人に読まれるようになると、いずれは非難する人も出てきます。

 

少しでも自分が不快に思うような言葉を見聞きすることは、僕の精神衛生上かなりヤバいことです。

 

それでも僕はブロガーとして生きたいと思ったんです。

自分のやりたいと思ったことをやる、本来の自分に戻るために。

 

そしてこれからは、人になんて言われようが、例えうまく意見が言えなくても、

「やりたい」、そう思ったことをひたすら貫きたい。

 

結局メンタルは成長してなかった

 

でも、なんとかなってる?

 

ブログやSNSでは、思ったことをどんどん発言してます。

自分宛ての不快な言葉に慣れるために、人目を気にせずどんどん発言しています。

 

自分の発言だけ見てると特に何とも思わないかもしれませんが、

実はちょっとしたことで落ち込んでたりしてます。

メンタルを切り刻まれたら、夜な夜な電話したりしてます。

 

通話相手の人にはホント感謝です。

ていうかそもそも、こういう時に通話する相手がいる自分にビックリ・・・。(ネットの世界ってすごーい)

 

落ち込んでる時は全然ブログ書く気になれないんですけど、

電話した翌日からもうブログを書き始めてます。

 

自分なりの対策

 

とりあえず思いついたことを箇条書きしてみます。

  • Twitterなら無視(ミュートか、リストに入れたアカウントしか見ない)
  • 人の行動は変えられないので、それに対する自分の反応を変える。(詳細は後述)
  • 全ての人に嫌われていくつもりで行動する。(誰からも嫌われない人は、誰からも好かれない←受け売りです)

こんな感じでしょうか?

 

2つ目の、人の行動に対する反応を変える、についてですが。

僕の場合は、

不快なメッセージを見る→落ち込む何もできなくなる→電話する→復活

というのが今までの僕の反応。(からの一連の状態)

 

でも、見方を変えれば、

不快なメッセージを見る→電話する口実ができた!ひゃっほうーい!→電話する→いつも通り

って感じですかね?

 

こうやって前向きにとらえて、精進していきたいと思います!

 

最後に

少なくとも皆さんは僕よりメンタル強いと勝手に思ってます。

ここまで深刻にはならないかもしれませんが、

やっぱりどうしようもない時は人に頼りましょう。

こんな僕でも、頼られたいと思ってたり・・・。

ではでは、このへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください