八方除けの寒川神社(相模国一の宮)に行ってきた

The following two tabs change content below.
ひじり颯人

ひじり颯人

カウンターテナー(男性アルト)。 会社員として働く自分に違和感を感じ、1年3ヵ月で脱サラ。 以後、音楽で生きていくため自己研鑽に励む。 現在はおもに歌ってみた動画投稿準備や電子書籍執筆に時間を費やす。

 

どうも、ひじりです。

今回は旧相模国(さがみのくに)の一の宮である寒川神社に行ってきました。

この神社を選んだ理由としては、比較的近くにある一の宮の神社だからです。

 

颯人
え、それだけの理由?

 

ひじり
だって一の宮って、その地域で一番大きな神社でしょ?
だったらまず最初に挨拶に行くべきだと思うんだよね

 

 

寒川神社とは

 

それでは今回訪れた寒川神社について簡単にご紹介します。

 

御祭神

 

  • 寒川比古命(さむかわひこのみこと)
  • 寒川比女命(さむかわひめのみこと)

 

御祭神はこの2柱で寒川大明神(さむかわだいみょうじん)とも呼ばれます。

どちらもどういった神様なのかよく分かりませんが、ここの他に千葉の寒川神社や伊勢皇大神宮内宮の末社である牟彌乃神社にも祀られているようです。

 

歴史

 

正確に何年から存在しているかはわかっていないようですが、総国風土記によれば少なくとも5世紀ごろには存在していたとされています。

古くから八方除けの神社として知られ、源頼朝や武田信玄などの武将によっても信仰されていました。

 

御神徳

 

寒川神社に祀られている寒川大明神は、全国で唯一の八方除の守護神です。

禍事・災難を取り除き家業繁栄・福徳円満をもたらすとされています。

 

実際に行ってみた

 

ひじり
ということで、まずは最寄駅であるJR相模線宮山駅からのルートを見てみよう

 

 

颯人
大体徒歩10分くらいかな?
ちなみに徒歩9分のルートだと参道の途中から神社に入るから、その下の徒歩10分のルートがおすすめ

 

ひじり
で、Google mapの徒歩10分ルートの通りに歩いていくと鳥居が見えてくるよー

 

 

颯人
このまま鳥居をくぐってもいいけど、まずは八方除けの御神徳がある寒川神社らしいところを確認しておこうか

 

 

ひじり
これは鳥居の柱の根元なんだけど、石が八角形になってるんだよね

 

颯人
あともう一個

 

 

ひじり
こっちの柱も八角形……というか八角柱だね

 

颯人
八方除けの神社だからねぇ
ちなみに右手には……

 

 

ひじり
噴水だね
それと奥に見えるのは誰かの像?

 

颯人
誰の像かは実際に行って確認してみよう

 

ひじり
(やっべぇ、誰の像か覚えてねぇ)
そ、それじゃあ参道の方に行ってみようか

 

 

颯人
これが寒川神社の参道
途中まで進むと左手に寒川神社の末社である宮山神社があるよ

 

 

ひじり
この宮山神社には8柱も祀られているらしい……

 

ちなみに、宮山神社の御祭神は、

 

  • 大物主神
  • 須佐之男神
  • 健御雷之男神
  • 大雀命
  • 聖神
  • 宇迦之御魂命
  • 伊邪那岐命
  • 伊邪那美命

 

以上の8柱です。

 

颯人
宮山神社も忘れずに参拝しようね
それじゃあ引き続き参道を進んでいこうか

 

 

ひじり
今度は左手に手水舎が見えてくるよー

 

颯人
ここも忘れずに行って、清めておこうね

 

ひじり
清め終わったら次はこっちかな

 

 

颯人
手水舎から出て左を見たところだね
この神門の先に御社殿(拝殿)があるよ

 

 

颯人
ちなみに右側はこんな感じ
左が客殿で右が社務所だね

 

ひじり
よし、それじゃあ御社殿に行こうか

 

 

ひじり
この御社殿、かなり大きいよね

 

 

ひじり
うん、やっぱりデカい

 

颯人
それだけたくさんの人が参拝に来るってことだよ
ただこのときはまだ朝7時だから、全然人がいないけど

 

ひじり
きっとすごい神様がいるに違いない!
しっかり挨拶しておかなきゃね

 

颯人
挨拶やお願い事をしたら、境内を歩いてみようか
ちなみに御社殿を見て右側にこんなのがあるよ

 

 

ひじり
なにこれ?

 

颯人
渾天儀(こんてんぎ)だって
天体観測に用いられた昔の器械のレプリカらしいよ

 

ひじり
ほぉ……
四方には龍がいるし、台座は八角形になってるね

 

颯人
詳しい説明は実際に行って読んでみよう

 

 

最後に

 

以上で参拝を終え宮山駅に向かいました。

所要時間は1時間以下といったところでしょうか。

今回は早朝(朝7時)ということもあり、おみくじやお守りといったものの販売はまだしていないようでした。

神社への参拝は午前中が望ましいのですが、僕みたいに到着が早すぎることのないよう気を付けましょう。

 

ではまた。