Studio One 3でサクッと録音するやり方

   

スポンサードリンク

 

どうも

歌い手&ブロガーのきじりです。

Studio One 3は軽量で使いやすいDAWなので、宅録の時はこいつを使って録音しています。

ただ、使いやすいとは言っても初めて触る人にとっては「???」だと思います。

なのでStudio One 3での録音方法をサクッと説明していきます!

 

Studio One 3での録音方法

録音できる状態にするまで

まずはStudio One 3を起動してください。

少なくとも初回起動時であればこんなふうになってると思います。

 

この画面になったら左上の「新規ソング作成」をクリック。

すると小さなウィンドウが現れます。

 

ウィンドウ右上に「ソングタイトル」があるので、ここに曲名を入力しましょう。

その下の「サンプルレート」と「解像度」は、数値が大きければ大きいほど音質が良くなります。

ですがそのかわり負荷も増えるのでここはPCのスペックと相談ですね。

よくわからなければそのままでも大丈夫です。

 

タイムベースとソング長さはいじらなくて大丈夫です。

「テンポ」と「拍子」はわかっているのであれば入れたほうが良いと思いますが、ただ録音するだけならそのままでも大丈夫です。

 

設定を終えたら「OK」をクリック。

そうすると画面が変わります。

 

↑このような画面になったら赤矢印で示したところをダブルクリックしてください。

すると「トラックを追加」という小さなウィンドウが出てきます。

今回はボーカルの録音を想定しているので、「名前」はわかりやすく「vocal(or パート名など)」とか入れておくようにしてます。

タイプについては「オーディオ」にしてください。

残りの項目は変えずに「OK」をクリックします。

するとトラックが作成されます。

 

今度は↑のように、「◯」ボタンをクリックします。

このボタンをクリックすることで、録音時にこのトラックに録音されます。

 

次にトラックの右側の何もないところをダブルクリックします。

こうすることで、録音データを格納するイベントを作成できます。

 

効率よく録音するために(重ね録りの方法)

 

これで録音できる状態になりました。

ですが、何回も繰り返し録音する場合、いちいち録音データを別トラックに移すなどしているとかなり面倒です。

そこで簡単に重ね録りをする方法を説明します。

 

↑の画像で示したスパナの形をした「録音パネル」をクリック。

クリックすると録音パネルが出てくるので、その左端にある「録音モード」を「テイクをレイヤー化」にしてください。

そうしたらもう一度「録音パネル」ボタンをクリックして録音パネルを閉じます。

 

以上で録音の準備は完了です。

「テイクをレイヤー化」することで、録音したトラックを自動で「テイク1、テイク2・・・」のように保存してくれるので、こちらはただひたすら録音を繰り返すだけで済みます。

 

 

今回設定したことをテンプレートに保存しよう!

 

「テイクをレイヤー化」については別のソング編集時も適用されるのですが、それ以外の設定は新規ソング作成時に毎回設定しなければなりません。

 

ですが、その手間を省くことができます。

録音準備が完了した状態で、左上の「ファイル」→「テンプレートとして保存」を行います。

すると、新規ソング作成時の↓このウィンドウで「空のソング」の下に今回保存したテンプレートが表示されます。

 

ここで今回保存したテンプレートを選べば、先ほど設定した状態で新規ソングが作成されます。

つまり、新規ソングを作成したら即録音に入れる状態になります。

ぜひ有効活用してください!

 

 

では、今回はこのへんで。

スポンサードリンク

 - 宅録