面倒くさがりミニマリストの食事についてまとめたけど……

どうも

ひじりです。

皆さんの食事に対するこだわりは何ですか?

人によっていろんなこだわりがあるはずです。

 

ミニマリストの食事は人によって様々


ミニマリストの食事は大きく4パターンに分けられると考えています。

 

  1. 食材にお金をかける。
  2. 時間の節約にお金をかける。
  3. シンプルな食事にする。
  4. 食事もミニマムにする。

 

①は、ミニマリストになることで浪費が減っていくので、浮いた分を食事に投資するという感じです。

食事にお金をかけるということは自分への投資でもあるからおすすめです。

 

②は、スーパーやコンビニですぐ食べられるものを買う、つまり自分では料理をしないパターンです。

おそらく①よりもお金がかかりますが、調理器具を持たなくても良いので、モノの少なさにこだわる人は②を選ぶのかな?と思います。

 

③は、例えば一汁三菜のようにシンプルで健康的な食事をするパターンです。

おそらくこれが一番健康的だと思います。

 

④は、必要最低限の食べ物しか食べないパターンです。

コスパが良いので、食費を極限まで減らしたり、逆に食材にお金をかけたりしやすいです。

しかし、あまり健康的とは言い難いので、まわりから心配されます。

ちなみに僕は④ですが、最近③に移行しようかなとも思ったり。

やっぱり健康が一番ですからね。

 

それに④だと、「いかにして食事をミニマムにするか?」を追求しちゃうのでおすすめしません。

参考までに、僕がミニマリストになる前後の食事をご紹介しようと思います。

 

ミニマリストになる前の食事


大学生になって僕は人生初の1人暮らしをしていました。

当時、僕にはコンビニ弁当やスーパーの惣菜などで食事を済ませるという発想はなく、とりあえずネットでレシピを検索して、近くの安いスーパーで材料を買って、作ってました。

ただ、この時の僕は身長190cm、体重100kgという、どう考えてもめっちゃ食べる体型でした。

なのでまじめに作って食いたいだけ食ってたら結局食費も手間もばかになりません。

 

さらに僕は面倒くさがりやで、食えればそれでいいやという人間でした。

その割には明らかにバランスの悪い食生活も嫌いでした。

そこで以下のような自炊になりました。

 

  • 料理は週に1回(つまり1度に1週間分作る)
  • もちろん買い物も週に1回
  • 大きめの鍋にあふれんばかりのいろんな野菜を詰め込んで煮込む
  • ただし、水分は野菜から出るもののみ
  • 油、調味料などは使わない(あれば使うけど、油使うと洗うの面倒)
  • ・弱火でじっくり煮込む
  • かき混ぜないでしばらくほっとく(面倒くさいしそもそも必要ない)
  • 忘れたころに火を止める
  • できあがり

その他、食生活に関して、

  • できてから24時間以内に冷蔵保存
  •  
  • ご飯は1日に3合炊く(1食あたり1合)
  • ・夜食を食べる場合はそうめん200gゆでる
  • 友人に誘われない限り外食はしない
  • 米以外の出費は約1500円/週
  • 途中から肉を入れなくなった(肉は大好きです)

 

こんな感じで大学4年の夏頃まで生活してました。

ちなみに僕は味の濃い豆腐などをいっぱい食べると飽きてきますが、なぜか同じ料理をずっと食べ続けるのは全然気になりません。

食事にあまりこだわらない人は真似してみてもいいんじゃないでしょうか。

 

ちなみに、このような食生活を続けてたら1年で体重は80kgになりました。

 

ミニマリストになってからの食事

 

前述の料理でも手間も食費もかからないミニマム?な食生活なのですが、ミニマリストに目覚めた時、食事もそぎ落としの対象にしてしまいました。

食材の種類と量を減らし、電気、ガスを使わずにいかに料理するか?を追求することにしたのです。

以下、その時に試したこと。

 

食材を常温保存するために、加熱した野菜(途中から生のニラともやし)を
 オリーブオイル漬けにして食べる
→食事中に直接箸でつつくと、油の表面にカビのようなものが・・・
(中は大丈夫そうだった)
→油を使うので洗うのが面倒
断念

 

玄米を水に浸して発芽させてそのまま食べる
→加熱してないので、水に浸す時間が短いと硬くて食べる気失せる
→冬の場合、発芽するのに数日かかるので毎日食べる場合は容器が複数必要
面倒なので断念

 

発芽はあきらめて、玄米と大豆をフライパンで炊く
→栄養的にはこれだけで3大栄養素バランスよく摂取できる
→米を炊く時に大豆を一緒に入れるだけでほとんど手間がかからない
→大豆はさつまいもと同様、お腹にガスが溜まりやすいので多量の摂取は控えたほうが良い
→お腹の調子があまり良いとは言えない(対策を模索中)
採用

 

これ以降、玄米・大豆・天然塩のみの食生活が基本になりました。

玄米は実家から送ってもらっていて、ネットで30kgの乾燥大豆を買っていたので食費はかなり安上がりでした。

また、社会人になってからはお金に余裕ができたので、休日にはよく外食をすることに。

僕は毎食同じでも平気なのですが、いろんな美味しいものを食べてみたいという思いもあったので、このような食生活に落ち着きました。

 

最後に

僕の食生活はいかがだったでしょうか?

参考になりましたか?

真似をしたいという人はあまりいないと思いますが・・・

それでは今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください