カウンターテナーの発声方法

   

スポンサードリンク

 

この記事はこちらの続きとして書かれています

 

「カウンターテナーで歌う人ってどうやって発声してるの?」

これは誰もが思うことかと思います。

 

基本的に俺は、「男性なら誰でもカウンターテナーの発声ができる」と考えています。

 

ここに自分が歌うときに意識していることをまとめておきます。

 

「カウンターテナーのような声を出してみたい!」という人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

カウンターテナーの発声をするときに意識している3つのこと

①普段から裏声を出そう

カウンターテナーは裏声をベースに発声しています。

ですが日常会話などで裏声はまず使うことがありません。

そのため、まずは発声のベースとなる裏声を出すことに慣れる(筋肉を鍛える)必要があります。

 

具体的にやることととしては以下の2つ。

 

  • 裏声を出しながらリップロール

リップロールで筋肉を緩めつつ、息を一定量以上出し続けるトレーニングをします。

そこに裏声を出すことを加えています。

裏声は吐く息の勢いがないと音が鳴ってくれません。

ある程度の勢いを維持して息を吐き続けられるようになるためにも、毎日1分でも良いのでやってみましょう

あまり大声が出るわけでもないので、自宅で気軽にできるトレーニングなのでおすすめです

 

  • 裏声で歌う

カラオケなどで実際に裏声で歌って鍛えます。

俺自身、つい最近までリップロールができなかったのでほとんどこの方法で慣らしてきました。

リップロールができる方もできない方も普段から裏声で歌いましょう

 

②口(口腔)を開く

声を豊かに響かせるには口を開くことが重要です。

ただし、ここで言う”口”とは”口腔”のことを指します。

口腔とは「口から喉までの空洞部分」です。

この空間をうまく広げると高音がきれいに響くようになります。

 

具体的に意識しているのは以下の3つです。

 

  • 舌根を下げる(喉仏を下げる)

より高い音を出そうとすると、自然と喉が狭くなってきます。

これは舌根が上がってきてしまうからです。

それを防ぐために舌根を常に下げます。

舌根を下げることでより楽に安定して高音が出せるようになります。

具体的な練習方法としては、舌の奥の方に小さなもの(フリスクなど)を乗せながら発声するのが良いでしょう

 

  • 笑う(口角を上げる)

笑うことは表情筋をほぐしますのでウォーミングアップにも最適です。

歌うときも口腔が上側に広がり、声が明るくなります。

誰でもすぐできることなのでぜひ試してみてください。

 

  • あごを引く(姿勢をよくする)

姿勢が悪いと吐いた息がうまく歌声に変換されません。

そのために背筋を伸ばすのも大切ですが、それよりもあごを引くことを意識する方が重要と考えています。

あごを引けば自然と背筋も伸びるはずです。

また、高音を出す時はどうしても舌根が上がりがちなので、

あごを引くことを意識していれば舌根も上がりずらく、高音域が歌いやすくなります。

ただ、「あごを引く」というより「首に(うしろに)押し付ける」というイメージです。

 

 

③腹式呼吸

これはカウンターテナーに限らず重要なことですが、

吐く息の強さがそのまま声量に影響するので、腹式呼吸ができていないとそもそも高音が出ません。

腹式呼吸をするときは、へその少し下を意識します。

呼吸するときに胸や肩などが動かないように気を付けましょう。

息を吐くときは腹をしぼめず、そのままの状態で吐ききります。

こうすることで息を吸うときに空気が入りやすくなります。

 

 

最後に

発声方法というのは教える人によって表現の仕方が異なるので、

なかなか習得するのは難しいと思います。

ここでまとめた内容に関しても、あくまでも”今の自分”が意識していることです。

ご参考までに。

 

スポンサードリンク

 - カウンターテナー